二重整形が多くの人に選ばれる理由【時間に余裕を持つのもポイント】

ダウンタイムを考慮しよう

顔に触れる女性

ダウンタイム中の過ごし方

二重整形にはメスを使わないプチ整形の埋没法や、メスを使う切開法といった施術法がありますが、どちらも術後にはダウンタイムが存在します。ダウンタイムとは美容整形を受けてから回復するまでにかかる期間のことで、このダウンタイム中には腫れや痛み、内出血といった症状が現れます。二重整形の場合はどのくらいダウンタイムが続くのか、またダウンタイム中に起こりやすい症状をチェックしておくことが大切です。個人差はありますが埋没法・切開法どちらの二重整形も術後、腫れのピークは約2日から3日前後と言われています。埋没法の場合ピークを迎えた後、1週間程度が過ぎると腫れはかなり収まってくるので、1週間程度のダウンタイムが続くと考えておけばいいでしょう。メスでまぶたを切開して縫合するという手術を行う切開法の場合、手術後腫れが引くまでに約2週間程度の期間がかかります。二重整形は主に腫れの症状が出やすいと言われていますが、1週間から2週間もあれば自然と収まっていくので安心して受けられます。手術後腫れの症状が出る埋没法や切開法といった二重整形ですが、早くダウンタイム期を乗り越える方法はあるのでしょうか。基本、どのような美容整形であっても手術後は安静にしておく必要があり、二重整形の場合も術後2日から3日程度は安静にしておくことをおすすめします。また、できるだけ目元の腫れを早く引かせたいという場合は、アイシングをして目元を冷やすと良いでしょう。ビニール袋に氷を入れて口を閉じた袋をタオルでくるみ、目元に当てて冷やすアイシングを行うと目元の腫れが引きやすいと言われています。1回のアイシング時間は約5分程度、これを1日5回にわけてこまめに目元を冷やすのがケアの目安となります。早く腫れを引かせたいあまり長時間、アイシングをしてしまうとかえって腫れが増してしまうケースもあるので、時間と回数は守りましょう。目元が腫れてしまうのが気になり二重整形に踏み出せない・・という人は、いきなり両目を二重にするのではなく、片目ずつ手術を行い眼帯でカバーするのがおすすめです。

Copyright© 2018 二重整形が多くの人に選ばれる理由【時間に余裕を持つのもポイント】 All Rights Reserved.